読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腐男子ゲイの腐った日常

腐男子ゲイが萌えたコンテンツを垂れ流すブログです

【鉄血】機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第22話「まだ帰れない」の件

アニメ

濃厚なミカオルミカが見れて至福でした。
あのあと絶対めちゃくちゃセッ(ryしてますよね。激しそう。

ミカさんって、普段口数が少ないので何を考えているのかよくわからないところがあるんですけど、これまでに何度か重要なキーワードを言ってます。その頂点というか、積み重ねで吹き出したものが、今回のオルガへの対応だと思うんです。

ミカさんは基本的には「オルガ、次はどうしたらいい?」に代表される、オルガに従属する姿勢が基本です。しかし、クーデリアの件でイライラしていたように、自分がやってることに対する苛立ち(無力感であったり、非効率さであったり)は常に持っていると思います。

また、ブルワーズのクダル・カデルに「殺しを楽しんでる」といわれたことも効いてるようで、それが今回の「何人殺せばいいんだ?」という脅しにダイレクトに反映したと思います。

そんなこんなで、オルガが次を見せてくれなくなっちゃったらどうなるだよオレたち!?みたいな葛藤が一気に吹き出したのかなと。また、そうすることで、オルガを奮い立たせることができると自分で考えて、主体的に行動に移した点が、ミカさんの成長だと思います。

それに対するオルガの対応は、歌舞伎ですね。

もうほんとに歌舞伎の世界で、弔い合戦なんてビスケットは望んでないことはオルガもミカもわかっているけど、ああやって鉄華団のみんなを奮い立たせたんだと思います。

 

うん、でもね。

その歌舞伎は間違いなく失敗だよ、オルガ君。(暗黒微笑)

 

いいわ~。オルフェンズいいわ~。
オルガがバカなことやって大事な人がどんどん死んでいくの、すっごくいいわ~。

キャラが大事な相手にお別れを言ってから退場しますよね。あたしそこが甘いと思うんですよ。戦場でお別れの会話なんかできるはずねえだろって、富野御大はリアリティ優先で考えてると思うんだけど、オルフェンズのスタッフは感情優先なんですね。こういうところは、視聴者に対して優しいですね。

ここ最近、オルフェンズの主要キャラで生きのこるのは誰かなって思ってるんだけど、マクギリス1人だったら最高に愉快。でもオルフェンって複数形なので、みんな死んじゃった後でミカがオルガに向かって「ねえ、次はどこに行けばいい?」で終わるとかっこいいよなあ、とか思ってます。さらに、そのときオルガが死体だったりすると最高ですね!(黒い私が絶好調)

いずれにしても、最後のセリフは絶対これであってほしいし、どういうシチュエーションでこのラストシーンに持っていくか、お手並み拝見なのです。

 

おおっと、ミカオルの件が長くなりすぎてしまった。

22話に至っても、阿頼耶識の件をズルズル引きずってるガエリオの煮え切らなさがすごいですね。なぜ阿頼耶識それほどまでに忌むべき存在なのか、いまひとつ伝わってきません。エヴァ「忌むべき存在のエヴァ、そしてそれを利用するリリン」というカヲル君の象徴的なセリフがありますけど、要は阿頼耶識エヴァと同じようなものなんだ、ということをもう少し視聴者にわかりやすく説明して欲しいです。えっ、カヲル君が何を言ってるかわからない?!阿頼耶識の神経接続って、ぶっちゃけエヴァそのものですよね。みなさん気づいてらっしゃいますけど。つまりバルバトスに宿ったのは、悪魔の魂でしょ、という理論です。なんだか二次創作っぽい考察になってきたのでこの辺で!